海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 救命救急センター(救急科)

診療科紹介 救命救急センター(救急科)

救命救急センター(救急科)

救命救急センター(救急科)の診療科紹介

平成29年4月1日より神奈川県央医療圏で唯一の救命救急センターとして始動いたしました。
本年度より救急科専従医を9名に増員(うち救急専門医7名、外科専門医2名、精神保健指定医2名、外傷専門医1名)し、救急専用病棟を20床整備することで、「断らない救急」をスローガンに救急患者さんの受け入れを強化します。

救命センター開設に伴い、昨年度まで受け入れ困難であった外傷、中毒、環境障害といった特殊な病態に対しても幅広く対応していくと同時に、軽傷・中等症の救急患者さんの受け入れもこれまで通り行っていきます。

救急科は救急搬送された患者さんの初療全般を行い、入院加療を要すると判断した場合には専門診療科へのコンサルトを行います。また、多発外傷、中毒、熱傷、心肺停止後症候群といった重篤な救急患者さんに対しては救急専門用病棟において、救急科が主科として入院後治療を行っていきます。

今後も増加し続けると予想される救急搬送患者さんを可能な限り受け入れ、適切な急性期治療と周辺医療機関との緊密な連携により、転院搬送や自宅退院までを視野に入れた救急医療の潤滑な流れを構築できることを目指します。

主な症状・対象疾患

軽傷から重症まで救急搬送される患者さんを幅広く対応いたします。本年度より特殊疾患(外傷、中毒、環境障害等)も診療可能となります。また、診断が確定していない患者さんに関する近隣医療機関からの紹介も診察させていただきます。

救命救急センター(救急科)のスタッフ紹介

山際 武志 (やまぎわ たけし) センター長
大学 東海大学(2001年卒)
資格 医学博士
日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本外科学会 外科専門医
日本外傷学会 専門医
日本外傷学会 評議員
東海大学医学部救命救急医学 准教授
経歴
2003年-2013年
東海大学救命救急医学
2013年-2016年
Harvard Medical School, Department of Surgery-Massachusetts General Hospital, Boston
2017年-
現職
名取 穣治 (なとり じょうじ) メディカルコントロール室 室長
大学 山形大学(1986年卒)
資格 医学博士
日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 認定医
身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師
マンモグラフィ検診精度管理中央員会 認定読影医
外傷技能指導員臨床研修指導医
JPTEC世話人
MCLS世話人
JATECプロバイダー
日本医科大学 客員講師
花岡 毅 (はなおか つよし) 医員
大学 東海大学(1998年卒)
資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本精神神経学会 専門医・指導医
精神保健指定医
統括DMAT隊員
JATECプロバイダー
ICLSプロパイダー
日比野 壮功 (ひびの たけのり) 医員
大学 名古屋大学(2004年卒)
資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 総合内科専門医
ICD制度協議会認定Infection Control Doctor
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定指導医
日本救急医学会ICLSコースディレクター
AHA-ACLSインストラクター
JMECCインストラクター
佐藤 俊樹 (さとう としき) 医員
大学 東海大学(2005年卒)
資格 日本救急医学会 救急科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修終了医
ICLSプロパイダー
経歴
2005年-2007年
東海大学病院初期臨床研修
2007年-2016年
東海大学救命救急医学
2017年-
現職
三浦 直也 (みうら なおや) 医員
大学 香川大学(2007年卒)
資格 医学博士
日本救急医学会 救急科専門医
日本集中治療医学会  集中治療専門医
伊倉 崇浩 (いくら たかひろ) 医員
大学 近畿大学(2008年卒)
横浜市立大学 大学院修了
資格 医学博士
日本精神神経学会 精神科専門医・指導医
精神保健指定医
ICLSプロパイダー
JATECプロバイダー
湯川 高寛 (ゆかわ たかひろ) 医員
大学 東京医科歯科大学(2010年卒)
資格 日本内科学会 総合内科専門医
日本救急医学会 救急科専門医
日本集中治療医学会  集中治療専門医
佐藤 雄一 さとう ゆういち) 医員
大学 埼玉医科大学(2013年卒)
資格 日本内科学会 認定内科医
日本救急医学会会員
日本感染症学会会員

救命救急センター(救急科)の臨床活動実績

2017年1月〜12月

  • 海老名市災害訓練 1回/年
  • 県央救急研究会 3回/年
  • BLS,ICLS,MCLS,ITLS etc.の講習会
  • 湘南メディカルコントロールによるJPTEC、外傷、心肺蘇生セミナー参加
  • DMAT-L取得

救急患者受入れ数

  2015年度 2016年度 2017年度
救急外来受診者数 18,803 18,474 18,953
うち 救急車の状況 要請数 8,821 8,960 9,121
受入数 7,491 7,731 8,368
受入率 84.9% 86.3% 91.7%

表:救急外来受診者数 表:救急車受入数

表:救急車受入率

救急患者重症区分件数  (2017年4月〜)

(件数)

項目 2017年度 2018年度
4月 5月 6月 7月 8月 9月
救急車受入数 8,368 264 252 259 302 769 648
うち入院患者数 3,390 113 98 97 99 286 278
うち重症区分 1,588 113 98 97 99 113 110
1 病院外心停止 72 11 4 7 2 1 2
2 重症急性冠症候群 147 9 10 7 8 16 9
3 重症大動脈疾患 57 5 3 7 1 5 5
4 重症脳血管障害 119 16 15 10 14 9 13
5 重症外傷 221 19 17 13 15 11 16
6 重症熱傷 5 0 1 0 0 0 1
7 重症急性中毒 8 0 0 0 2 1 0
8 重症消化管出血 70 2 5 5 2 5 4
9 重症敗血症 674 31 29 34 32 48 43
10 重症体温異常 18 0 0 1 2 3 0
11 特殊感染症 0 0 0 0 0 0 0
12 重症呼吸不全 32 6 0 1 3 2 4
13 重症急性心不全 36 5 6 5 2 2 3
14 重症出血性ショック 9 0 0 1 0 0 0
15 重症意識障害 22 0 0 0 4 4 1
16 重篤な肝不全 2 0 0 0 0 0 0
17 重篤な急性腎不全 7 2 0 0 1 2 3
18 その他の重症病態 89 7 8 6 11 4 6

救命救急センター(救急科)の院外活動

学会・論文発表

2017年 10月 第45回 日本救急医学会総会
論文 : 可逆性脳梁膨大部病変を伴ったレジオネラ肺炎の一例
2017年 5月 第43回 日本熱傷学会 シンポジウム
論文:骨格筋ミトコンドリア障害は熱傷後インスリン抵抗性の治療ターゲットとなる
山際 武志

救命救急センター(救急科)のメッセージ・今後の展望

海老名総合病院事業計画に基づき「断らない救急」、すなわち24時間365日救急患者を総て受入れられる救急体制の構築を目差しております。

ページの先頭へ

ページの先頭へ