海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 救急部

診療科紹介 救急部

救急部

救急部の診療科紹介

当院は神奈川県中央に位置し、近隣の高度救命センターからは約30分圏内にあります。よって県央地域の2次救急を主体に対応しています。
H27年度救急対応患者数18,803件、救急車搬送台数は7,494件でした。内訳としては、内科疾患2,466件、外科疾患1,101件、脳神経疾患1,141件、心臓血管系509件でした。
救急外来は、救急科専任医2名及び、木曜日は、東海大学医学部付属病院 高度救命救急センターより1名、医師派遣に加えて、常時病院雇用の救急救命士がおります。看護師は、日勤7名・夜勤は4名体制で救急患者に対応しています。
診療体制としては、日中の救急搬送患者の処置・検査・初療、診断を行ったうえで、入院が必要なケースや専門診療科の診察が必要な症例に関しては、当方からの専門依頼を行っています。
体内外的な教育としては、院内のBLS・ICLSコース、JPTECやMCLS(外傷コース)等へのスタッフ参加を行なっています。
H29年度より、当院は救命センター化を予定しており、外傷患者、薬物中毒などへの対応を行える体制を整えています。

主な症状・対象疾患

1次から3次、主に2次の救急患者。現在はウォークイン、近医からの紹介患者さんも診察させて頂いております。

救急部のスタッフ紹介

名取 穣治 (なとり じょうじ) 部長
大学 山形大学医学部卒業(1986年卒)
資格 日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器外科認定医
身体障害者福祉法
第15条に基づく指定医師
マンモグラフィ読影認定医
外傷技能指導員臨床研修指導医
日本医科大学客員講師
医学博士
JPTEC世話人
MCLS世話人
JATECプロバイダー
花岡 穀 (はなおか つよし) 医員
大学 東海大学医学部卒業(1998年卒)
資格 日本救急医学会専門医
精神保健指定医
日本精神神経学会認定医・指導医
統括DMAT隊員
JATECプロバイダー

救急部の臨床活動実績

2015年1月〜12月

  • 海老名市災害訓練 1回/年
  • 県央救急研究会 3/年
  • BLS,ICLS,MCLS,ITLS etc.の講習会
  • 湘南メディカルコントロールによるJPTEC、外傷、心肺蘇生セミナー参加
  • 各種学会での発表
  • 救急対応患者数:18,444件
  • 救急車搬送台数:7,342件
  
救急患者数 救急車の状況
患者数 要請件数 受入件数 受入率
2011年度 16,961 6,465 5,515 85.3%
2012年度 17,286 6,954 6,125 88.1%
2013年度 17,230 7,606 6,485 85.3%
2014年度 17,629 7,763 6,706 86.4%
2015年度18,803 8,821 7,491 84.9%

救急部のメッセージ・今後の展望

海老名総合病院事業計画に基づき「断らない救急」、すなわち24時間365日救急患者を総て受入れられる救急体制の構築を目差しております。

ページの先頭へ

ページの先頭へ