海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 脳神経外科

診療科紹介 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科の診療科紹介

平成20年4月から常勤医師派遣となり、365日24時間体制で脳神経外科診療をおこなっています。
医療圏の特性上、脳卒中・頭部外傷などの救急医療を中心に診療をおこなうとともに、未破裂脳動脈瘤に対する手術、血行再建術などの脳卒中予防のための治療に力を入れています。
また地域の中核病院として脳神経外科手術全般に対応していますので、脳腫瘍手術や三叉神経痛・顔面けいれんなどに関する治療を積極的におこなっております。

主な症状・対象疾患

  • 脳卒中(くも膜下出血・脳梗塞・脳出血)全般
    (脳動脈瘤に関しては開頭クリッピング術・血管内治療ともに対応。脳梗塞に関しては急性期血栓溶解・経皮的血栓除去術(カテーテル治療)にも対応)
  • 未破裂脳動脈瘤(脳動脈瘤クリッピング術・コイル塞栓術)
  • 内頚動脈狭窄症(血栓内膜剥離術・ステント留置術)
  • 頭蓋内主幹動脈狭窄・モヤモヤ病(バイパス術)
  • 脳腫瘍(良性・悪性脳腫瘍に対する開頭腫瘍摘出術、下垂体・腫瘍に対する経鼻経蝶形骨洞的腫瘍摘出術など)
  • 頭部外傷(慢性硬膜下血腫・急性硬膜下血腫・硬膜外血腫)
  • 顔面けいれん、三叉神経痛に対する神経血管減圧術

専門分野

血行再建術(バイパス術・内頚動脈血栓内膜剥離術)をはじめ、経鼻的下垂体腺腫摘出術、三叉神経痛や顔面けいれんに対する微小血管減圧術もおこなっております。
術中モニタリング(SEP MEP VEP ABR AMR)、蛍光血管撮影、超音波血流計、神経内視鏡、ニューロナビゲーションシステムなどを備え、安全かつ低侵襲な手術を心がけております。

脳神経外科の外来担当医表

外来担当医表(PDF)

脳神経外科のスタッフ紹介

小林 智範 (こばやし とものり) 部長
大学 山梨医科大学(現:山梨大学 医学部)(2000年卒)
資格 医学博士
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・指導医
日本脳卒中学会 認定脳卒中専門医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医
専門分野 脳血管障害全般(血行再建術含め)
脳腫瘍
微小血管減圧術
茂木 陽介 (もてき ようすけ) 医員
大学 北海道大学(2006年卒)
資格 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医
日本脳卒中学会 認定脳卒中専門医
BLS,ACLSヘルスケアプロバイダー
専門分野 脳血管障害全般
脳血管内治療
樋口 皓史 (ひぐち ひろし) 医員
大学 信州大学(1971年卒)
資格 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・指導医
清水 篤 (しみず あつし) 医員
大学 日本大学(2011年卒)
資格 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
鈴木 直樹 (すずき なおき) 医員
大学 浜松医科大学(2015年卒)
藤井 咲樹子 (ふじい さきこ) 医員
大学 日本医科大学(2002年卒)
資格 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 認定脳卒中専門医
専門分野 脳血管障害全

脳神経外科の臨床活動実績

臨床活動実績(2017年1月〜12月)

脳卒中患者数:736人 / 年
救急車搬送数:644人 / 年
総入院患者数:1,107人 / 年

脳卒中患者数に関しては非常に多く、脳梗塞、くも膜下出血患者数は県内でも上位の患者数を有します。
また、リハビリテーション部とも協力し早期からリハビリテーション(運動療法・作業療法・言語療法)を開始し機能回復に努めております。土曜・日曜・祝日にもリハビリテーションをおこなっており、急性期病院としては充実した体制となっております。

手術件数(2017年1月〜12月)

頭蓋内腫瘍摘出術 12件
未破裂脳動脈瘤(開頭手術) 21件
破裂脳動脈瘤(開頭手術) 29件
AVM摘出術 4件
バイパス術 (もやもや病に対するバイパス術) 11件
内頸動脈血栓内膜剥離術(CEA) 15件
開頭血腫除去術(高血圧性脳出血) 10件
開頭血腫除去術(外傷) 10件
微小血管除圧術 5件
穿頭慢性硬膜下血腫洗浄術 77件
シャント手術 10件
頸動脈ステント留置術(CAS) 31件
カテーテルを用いた急性期脳血行再建術(Trevo/Penumbra含む) 14件
脳動脈瘤コイル塞栓術 9件
その他の血管内手術 4件
その他 41件
年間手術総数 303件

年間手術総数のうち
 開頭手術:105件
 血管内手術(合計):59件

ページの先頭へ

ページの先頭へ