1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 病院紹介 病院長挨拶

病院紹介 病院長挨拶

病院長挨拶

この度は新型コロナ感染症の病院内クラスター発生につき、改めまして患者さま、ご家族さま、地域のみなさま並びに関係各位の皆さまに、大変なご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

新規の入院を急遽停止し、クラスターの制圧にむけて病院全体で取り組みを行ってまいりました。厚木保健福祉事務所のご指導に加え、神奈川県クラスター対策班のご助言もいただき、現時点でクラスターからの新規陽性者発生は抑え込むことができております。

しかし、私たちがクラスター対策に追われている間に、社会の状況は大きく変わってしまいました。新型コロナ感染症の爆発的拡大です。神奈川県においても、過去最高の新規感染者数の報告がたびたび報道される事態となっております。

当初、クラスター対応に目処がたった時点で、今までのように東館でコロナ対応を行い、本館にて通常医療を展開していくための準備をしてまいりました。しかし地域に目を向けると、コロナの感染状況がこのシナリオを許してくれないものとなってしまいました。神奈川県からも、災害に準じた医療体制の構築の要請が各関係医療機関になされました。

そこで神奈川県とも協議の上、コロナ対応用の病床を増設することにしました。東館の38床を52床に増やし、本館においても最大で40床を準備しております。(あわせて92床となります)
当院の原点である救急医療に関しましては、周囲の医療機関、消防とも連携して地域の皆さまにご迷惑がかからないよう対応していく予定です。一方、通常医療は県からの要請もあり制限がかかるものとなりますが、みなさまのご理解ご協力を賜りたく存じます。

この第5波が早く収束し、コロナ以前の日常が戻ってくることを切に願いつつ、やるべき事に注力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2021年8月24日
海老名総合病院
病院長 服部 智任

ページの先頭へ