海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 病院紹介 病院長挨拶

病院紹介 病院長挨拶

病院長挨拶

新たな時代に向かって

海老名総合病院院長 服部 智任

病院の基本理念「仁愛の精神のもとに、皆さまと共に考える医療をめざします」

みなさま、こんにちは。海老名総合病院 院長の服部です。
新たな年度にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
平成28年度は、海老名総合病院にとって、そしてジャパン・メディカル・アライアンス(JMA)にとって大きな変化が起きる年となります。 みなさまもご存知の通り、平成28年4月から米軍のキャンプ座間返還跡地に座間総合病院がオープンいたしました。多くの期待が寄せられていることを強く感じております。 2つの病院が協力し、この地域にお住いの皆様に安心を感じていただけましたら、これ以上の喜びはありません。
私といたしましては、海老名総合病院の院長として座間総合病院の渡院長と密接な連携を取り、地域の皆様に応援いただけるような医療を提供していきたいと考えております。 さて、その座間総合病院ですが、地域の皆様や行政からの強い要請のもとJMAとして開設を決断いたしました。一方で国の医療政策として、各病院の機能分化と効率化を強く求められた結果でもあります。急激な高齢化と人口減少に見舞われている日本が、財政面も含め今までと同じ方針とするわけにはいかず、新たな枠組みを医療機関に求めています。
国は子供や孫の世代に安心できる医療体制を維持していくために、病院の役割分担と効率化を強力に推し進めています。 つまり海老名総合病院と座間総合病院も役割分担をする必要があり、その役割分担の上で効率的かつ適切な医療をこの地域に提供するよう求められています。
この役割分担により、症状や病気によって受診すべき病院が変わるという事態が考えられます。皆様にご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、この地域の将来を担う子供達に適切で安心できる医療を引き継ぐために必要不可欠であることをご理解いただければ嬉しく思います。
海老名総合病院と座間総合病院が、あたかも一つの病院であるかのような有機的な運用を行うことで皆様に適切で安全な医療をお届けしたいと考えておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

海老名総合病院 病院長 服部智任

ページの先頭へ

ページの先頭へ