海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 血液内科

診療科紹介 血液内科

血液内科

血液内科の診療科紹介

白血病・悪性リンパ腫などの血液腫瘍や貧血など多くは治療が困難な疾患ですが、治療法の進歩はめざましく、新薬の開発ばかりではなく、より有効な投与法が開発されるなど、治療成績が日々進化しています。

当科は、白血病治療においてはJapan Adult Leukemia Studyに参加し、最新・最良の治療を患者さんにご提供することができるよう努力しています。また難治性の悪性リンパ腫や多発性骨髄腫に関しては自家末梢血幹細胞移植を積極的に取り入れ予後の改善に努めています。さらに同種造血幹細胞移植の適応のある患者さんは東海大学病院と連携し、適切なタイミングで移植医療を実施しています。

主な症状・対象疾患

悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、血友病 など

血液内科の外来担当医表

紹介状あり
総合病院:紹介外来(PDF)

紹介状なし
メディカルプラザ:一般外来(PDF)

血液内科のスタッフ紹介

渡邉 茂樹 (わたなべ しげき) 部長
大学 東海大学医学部卒業(1989年卒)
資格 日本内科学会指導医・総合内科専門医・認定医
日本血液学会血液専門医
緩和ケア研修会修了
須山 孝宏 (すやま たかひろ) 医長
大学 名古屋大学医学部卒業(1990年卒)
資格 日本内科学会指導医・総合内科専門医・認定医
日本血液学会血液専門医
緩和ケア研修会修了
村山 広道 (むらやま ひろみち) 医長
大学
沼田 裕樹 (ぬまた ひろき) 医員
大学

血液内科の臨床活動実績

2015年4月〜2016年3月

疾患別延入院数(延べ人数) 人数
急性骨髄性白血病 64人
急性リンパ性白血病 10人
慢性骨髄性白血病 7人
慢性リンパ性白血病 2人
骨髄異形性症候群 50人
悪性リンパ腫 213人
成人T細胞性白血病 2人
多発性骨髄腫 72人
突発性血小板減少性紫斑病 20人
再生不良性貧血 6人
自己免疫性溶血性貧血 5人
寒冷凝集素症 3人
真性多血症 2人
本態性血小板血症 1人
慢性骨髄単球性白血病 1人
血友病 2人
好酸球増多症 1人
自家末梢血幹細胞移植 2人

血液内科のメッセージ・今後の展望

神奈川県、西部地域における血液疾患に対する中核病院として患者さんの期待に答えるべく努力を続けていく所存です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ