海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 整形外科

診療科紹介 整形外科

整形外科

整形外科の診療科紹介

整形外科は骨・関節のみではなく、脊椎、脊髄、末梢神経、筋、靱帯を含めた極めて広い対象を扱う診療科です。 その対象は脊椎・脊髄、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足趾)など広範囲に及び、また小児から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、その内容は多様で治療の必要な患者数が極めて多いのが特徴です。
整形外科では単に手術療法のみを行うのではなく、各種の保存療法、とくにリハビリテーションとは密接な連携をとりながら診療をすすめています。時代とともに整形外科の中にも専門分化がすすみ、各分野での進歩につながりましたが、当科では常に「分化と統合」を忘れることなく毎日の診療を遂行しております。

海老名総合病院の整形外科の特徴

2016年4月より東海大学整形外科の関連病院として再始動し、東海大学整形外科の医師が中心となり診療を行っております。当院には下肢・上肢・脊椎の各部位の専門医がいるため、多様な疾患・外傷の診療・治療に対応可能です。

主な対象疾患は、下肢として、膝関節手術ではスポーツ外傷によるものが多く、膝前十字靭帯損傷、半月板損傷、離断性骨軟骨炎、膝蓋大腿関節亜脱臼障害が主であり、ほぼ全例関節鏡視下手術にて行っています。その他膝関節や股関節の関節リウマチや、変形性関節症に対しては低侵襲の人工関節置換術を実施しています。上肢として、肩関節手術では腱板断裂や反復性肩関節脱臼に対し鏡視下手術を行っています。投球性肩関節障害に対しては、超音波断層撮影、MRIを駆使した鑑別診断を行い、手術療法のみでなくリハビリテーションと密接に協力し適切な治療行っております。脊椎脊髄としては、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの腰椎変性疾患、側弯症などの脊柱変形、頚椎症や後縦靭帯骨化症による頚部脊髄症などすべて対応可能です。

また救急指定病院の機能上、骨折や脱臼、靭帯損傷、腱断裂など外傷症例も多く、関節内に及ぶ複雑な骨折に対しても、関節鏡を併用し、適切な手術を行っております。また可能な限り早期手術を心掛け、早期社会復帰を目指しています。

整形外科の外来担当医表

外来は基本的に海老名メディカルプラザにて行っております。海老名総合病院内では紹介外来として「膝・スポーツ外来」を行っております。

外来担当医表(PDF)

メディカルプラザ:一般外来(PDF)

整形外科のスタッフ紹介

持田 讓治 (もちだ じょうじ) 顧問
大学 慶應義塾大学医学部卒業(1975年卒)
資格 東海大学名誉教授
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
高垣 智紀 (たかがき とものり) 部長
大学 東海大学医学部卒業(1999年卒)
資格 東海大学医学部外科学系整形外科学 講師
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会認定スポーツドクター
東海大学アメリカンフットボール部 TRITONS チームドクター
橋本 紘行 (はしもと ひろゆき) 医員
大学 東海大学医学部卒業(2005年卒)
資格 日本整形外科学会専門医
日本体育協会認定スポーツドクター

整形外科の臨床活動実績

外傷系 術式 件数
骨折観血的手術(上肢) 52
骨折観血的手術(下肢) 103
骨内異物(挿入)除去術 68
人工骨頭挿入術 50
関節内骨折観血的手術 6
手根管開放手術 15
骨折経皮的鋼線刺入固定 18
腱鞘切開術 10
神経移行術、神経剥離術 4
アキレス腱断裂手術 4
関節鏡下関節滑膜切除術 2
関節鏡下半月板切除術 2
下肢切断術 0
その他 28
362
脊椎系
腰椎椎間板ヘルニア 0
脊椎固定術 44
椎弓切除術、形成術 38
その他 4
86
総合計 448

直近7年の総数

平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
232 280 273 360 439 447 448

平成26 年度 外傷系術件数

整形外科の臨床活動実績

平成26年度 脊椎系術件数

整形外科の臨床活動実績

ページの先頭へ

ページの先頭へ