海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 外科

診療科紹介 外科

外科

外科の診療科紹介

一般、消化器、乳腺にわたり、癌治療を中心に幅広く診療を行っています。地域基幹病院の外科として、スタッフ全員が「求められることには必ず応ずる」姿勢でおります。救急要請もお断りしません。
日本外科学会、消化器外科学会、消化器病学会等の指導医、専門医を有し、それぞれの学会の認定研修施設です。
毎週消化器内科、放射線科との合同カンファレンスで、患者さんの手術適応の決定を行います。術前には外科症例検討会を行い、最終的な外科治療方針を決定します。見落としがちな患者さんの退院後の「生活の背景、生活の質」にも十分な配慮をした手術術式を採用するよう心がけています。
特に、胃・大腸・胆嚢の手術には積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。また乳腺疾患に関しては北里大学 谷野・仙石医師による乳腺専門外来を開設しています。術後には、施行した手術の評価・検討と術後治療の方針について、病理検討会で議論を重ねます。患者さんをご紹介いただいた医療機関には、手術結果、病理結果などを報告しています。
地域医療支援病院としての役割を果たすべく、地域の諸先生方にご参加いただき、外科病理検討会をオープン・カンファレンスとして行っています。また、地域がん診療拠点病院を目指し体制を整備しています。
紹介外来及び、乳腺外来に関しましては、紹介状をご持参の上、受診予約をお取りください。

外科の外来担当医表

紹介状あり
総合病院:紹介外来(PDF)

紹介状なし
メディカルプラザ:一般外来(PDF)

外科のスタッフ紹介

萩原 英之 (はぎわら ひでゆき) 部長
大学 山梨医科大学(現・山梨大学)医学部卒業(1991年卒)
資格 医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療医認定機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医
マンモグラフィ読影認定医
身体障害者福祉法第15条に基づく認定医
緩和ケア研修修了医
加納 恒久 (かのう つねひさ) 医長
大学 新潟大学医学部卒業(1995年卒)
資格 医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
身体障害者福祉法第15条に基づく認定医
小泉 正樹 (こいずみ まさき) 医長
大学 日本医科大学医学部卒業(1998年卒)
資格 日本外科学会専門医
身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師
臨床研修指導医
内山 喜一郎 (うちやま きいちろう)
大学 日本医科大学医学部卒業(1991年卒)
資格 医学博士
日本臨床外科学会評議員
神奈川県臨床外科医学会幹事
日本腹部救急医学会評議員
神奈川県病院協会常任理事
日本医科大学客員教授
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本肝臓学会専門医
マンモグラフィ読影認定医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定機構暫定教育医・がん治療認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本医師会産業医
ICD制度協議会Infection Control Doctor
身体障害者福祉法第15条に基づく指定医師
緩和ケア研修修了医
阿部 豊 (あべ ゆたか) 医員
大学 日本医科大学医学部卒業(1991年卒)
資格 医学博士
宮前 拓 (みやまえ たく) 医員
大学 日本大学医学部卒業(2001年卒)
資格 日本外科学会専門医
緩和ケア研修終了医
去川 秀樹 (さるかわ ひでき) 医員
大学 日本大学医学部卒業(2009年卒)
資格 日本外科学会専門医
緩和ケア研修終了医
鎌田 順道 (かまた ありみち) 医員
大学 山梨大学医学部卒業(2009年卒)
資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
マンモグラフィ読影認定医

外科の臨床活動実績

胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌・胆嚢癌などの消化器系各種悪性腫瘍と、乳癌を専門に診療を行っています。
悪性疾患以外では、虫垂炎、胆石胆嚢炎、ヘルニア、腸閉塞、痔疾などの各種良性疾患の手術を手がけています。年間手術件数は700件近くにのぼり、そのうち海老名市近隣で発生した虫垂炎・胆嚢炎・腸閉塞などの緊急手術は年間150件以上を治療させていただいております(2012年実績約170件)。
悪性腫瘍手術では大腸癌手術を年間100件以上行っています。大腸癌の肝転移に対する積極的な肝切除術を行っているほか、肺転移に対しては当院呼吸器外科に依頼して手術を施行していただいております。
直腸癌に対しては従来人工肛門となっていた例に対しても内肛門括約筋切除によって根治性を保ちながら肛門温存手術を取り入れています。
胃癌手術は年間50件程度を行っており、最近では手術前抗癌剤投与によって根治性が得られる例を経験しております。転移性・原発性肝癌に対する肝切除、膵臓癌・胆道癌に対する膵頭十二指腸切除術などの肝胆膵手術にも積極的に取り組んでおります。
近年、傷が小さい・術後回復が早いなどのメリットから腹腔鏡下手術が積極的に行われるようになってきました。当科でも胆嚢摘出術、大腸切除術、胃切除術を中心に、ヘルニアや虫垂炎に対しても積極的に腹腔鏡下手術に取り組んでいます。また乳癌に対しては乳房温存手術を積極的に取り入れており、美容外科と共同で乳房形成術も行うことが可能です。
手術後の経過が均一で安定したものとなるようにクリニカルパスを導入しています。クリニカルパス計画に沿った診療をご提供することにより、鼠径ヘルニア、胆嚢摘出術は術後3日目、胃癌・大腸癌は術後10-14日目に退院することを目標にして取り組んでいます。
手術方針はご本人のご希望を踏まえながら、内科・麻酔科などの各科と十分な打ち合わせのうえ決定しておりますが、大学病院などの高次医療機関へのご紹介にも応じております。
癌治療には手術前後の抗癌剤治療も大切です。総合病院で手術を担当させていただいた主治医は引き続きメディカルプラザ外来で抗癌剤治療などの各種治療を計画し、診療に当たらせていただいております。各診療科や外来化学療法ナースなどのメディカルスタッフと連携をとりながら、治療中の体調不良や不安を解消できるように努めております。外来化学療法室(10室)を利用して通院しながら抗癌剤治療を受けることができます。

手術件数

悪性疾患では、大腸癌(結腸癌・直腸癌)手術で年々実績を増やしています。大腸癌手術には積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。胃癌・乳癌の手術も多くてがけており、実績を増やしています。また下記のようなその他の悪性腫瘍手術にも取り組んでいます。
良性疾患では、鼠径ヘルニアの手術を多く手がけております。鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下手術を導入するなど新しい取り組みも始めています。
内科や近隣の医療機関と連携をとりながら、虫垂炎・胆嚢炎などの緊急・準緊急手術も多く行っています。

2012年手術総件数 676件
良性疾患手術 件数 悪性疾患手術 件数
ヘルニア 172件 結腸・直腸癌 127件
虫垂炎・腸閉塞 116件 胃癌 46件
胆石・胆嚢炎 98件 乳癌 30件
痔疾 26件 肝癌 9件
その他 18件 胆道癌 4件
乳腺腫瘤 15件 膵癌 3件
胃十二指腸潰瘍 7件 その他の癌 3件
肝嚢胞 1件 合計 222件
泌尿生殖器 1件
合計 454件

外科のメッセージ・今後の展望

どんなにすばらしい手術をしても、患者さんが社会生活に復帰して不都合があるようではいけません。つねに退院後の生活に配慮した適切な手術術式を選択する必要があります。これが良質の外科治療というものです。
癌治療にしても、次々と開発される最新の抗癌剤を用いた化学療法が行われています。これにしても医師のプライド優先で、医者が満足する治療をとことん行えばよいというものではありません。患者さんの生活や人生に対する考え方、生き方を十分配慮した上で、適切な方法を選択すべきです。
とかく、最新の医療が最善の医療と混同されることがありますが、当科では患者さん、ご家族と医療者が互いの意見を尊重しあって最良の治療を導き出すよう努力しています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ