1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 外科

診療科紹介 外科

外科

外科の診療科紹介

胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌・胆嚢癌などの消化器系各種悪性腫瘍と、乳癌を対象に診療を行っています。

悪性疾患以外では、主として緊急手術を要する良性疾患、消化管穿孔、虫垂炎、急性胆嚢炎、ヘルニア、腸閉塞などを手がけています。年間手術件数は700件余にのぼり、そのうち海老名市近隣で発生した虫垂炎・胆嚢炎・腸閉塞・消化管穿孔などの緊急手術は年間120件以上を治療させていただいております。

悪性腫瘍手術では大腸・直腸癌手術を年間150件以上行っており、半数以上を腹腔鏡下手術で行っています。大腸癌の肝転移に対する積極的な肝切除術を行っているほか、肺転移に対しては当院呼吸器外科に依頼して手術を施行していただいております。

胃癌手術は年間60件以上を行っており、早期胃癌に関しては完全腹腔鏡下手術で行っています。積極的に手術前抗癌剤投与も行っています。転移性・原発性肝癌に対する肝切除、膵臓癌・胆道癌に対する膵頭十二指腸切除術などの肝胆膵手術にも積極的に取り組んでおります。

近年、傷が小さい・術後回復が早いなどのメリットから腹腔鏡下手術が積極的に行われるようになってきました。当科でも急性胆嚢炎、大腸・直腸癌手術、早期胃癌手術を中心に、ヘルニアや虫垂炎に対しても積極的に腹腔鏡下手術に取り組んでいます。また乳癌に対しては乳房温存手術を積極的に取り入れており、形成外科と共同で乳房形成術も行うことが可能です。

手術後の経過が均一で安定したものとなるようにクリニカルパスを導入しています。クリニカルパス計画に沿った診療をご提供することにより、鼠径ヘルニア、胆嚢摘出術は術後1-3日目、大腸・直腸癌は術後7-10日目、胃癌は術後10-14日目に退院することを目標にして取り組んでいます。

手術方針はご本人のご希望を踏まえながら、内科・麻酔科などの各科と十分な打ち合わせのうえ決定しております。

癌治療には手術前後の抗癌剤治療も大切です。総合病院で手術を担当させていただいた主治医は引き続きメディカルプラザ外来で抗癌剤治療などの各種治療を計画し、診療に当たらせていただいております。各診療科や癌化学療法認定看護師などのメディカルスタッフと連携をとりながら、治療中の体調不良や不安を解消できるように努めております。外来化学療法室(10室)を利用して通院しながら抗癌剤治療を受けることができます。

主な症状・対象疾患

・消化器(胃、大腸、直腸、肝胆膵)の良性悪性疾患
・乳腺疾患

専門分野(紹介希望疾患含む)

主として、消化器(胃、大腸、直腸、肝胆膵)の悪性疾患を専門としており、積極的に受入を行なっています。

外科の外来担当医表

外来担当医表(PDF)

海老名メディカルプラザ 外来担当医表(PDF)

外科のスタッフ紹介

宮前 拓 (みやまえ たく) 部長
大学 日本大学(2001年卒)
資格 日本外科学会 外科専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケア研修会修了
臨床研修指導医
全国がん(成人病)センター協議会 レジデント課程修了
神奈川ヘルニア研究会世話人
神奈川ストーマ研究会世話人
専門・担当 消化器・一般外科
小泉 正樹 (こいずみ まさき) 副院長
大学 日本医科大学(1998年卒)
資格 日本外科学会 外科専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
身体障害者福祉法第15条指定医
臨床研修指導医
専門・担当 消化器・一般外科
去川 秀樹 (さるかわ ひでき) 医長
大学 日本大学(2009年卒)
資格 日本外科学会 外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケア研修会修了
専門・担当 消化器・一般外科
根本 洋 (ねもと ひろし) 医員
大学 昭和大学(1991年卒)
資格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本 食道学会食道科認定医
昭和大学兼任講師
日本外科感染症学会評議員
神奈川胃癌治療研究会世話人
志村 国彦 (しむら くにひこ) 医員
大学 信州大学(1996年卒)
資格 日本外科学会 外科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器外科学会 指導医
緩和ケア研修会修了
矢澤 直樹 (やざわ なおき) 医員
大学 東海大学(1998年卒)
資格 医学博士
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会認定指導医
日本腹部救急医学会腹部救急認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
専門・担当 消化器・肝胆膵外科
宮地 孟 (みやじ はじめ) 医員
大学 帝京大学(2011年卒)
資格 日本外科学会 外科専門医
専門・担当 消化器・一般外科
針金 幸平 (はりがね こうへい) 医員
大学 日本医科大学(2012年卒)
専門・担当 消化器・一般外科
小森 啓正 (こもり ひろまさ) 医員
大学 日本医科大学(2015年卒)
山野 格寿 (やまの まさとし) 医員
大学 東京慈恵会医科大学(2019年卒)
資格 緩和ケア認定医
ACLS修了者(2019年)
BLS修了者(2019年)
PTLS修了者
医療安全管理者 講習会修了者

外科の臨床活動実績

手術件数

消化器悪性疾患、胃癌、結腸癌・直腸癌手術で年々実績を増やしています。大腸・直腸癌および早期胃癌手術には積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。乳癌の手術も多くてがけており、実績を増やしています。また下記のようなその他の悪性腫瘍手術にも取り組んでいます。

良性疾患では内科や近隣の医療機関と連携をとりながら、急性胆嚢炎や急性虫垂炎、消化管穿孔などの緊急手術を多く手がけております。緊急手術においても積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。

2020年1月~12月
外科での総手術件数 696例
胃十二指腸悪性疾患 67例(16例)
小腸、結腸悪性疾患 128例(65例)
直腸、肛門悪性疾患 47例(30例)
肝臓悪性疾患 13例
胆道悪性疾患 9例(3例)
膵臓悪性疾患 12例
胃十二指腸良性疾患 5例(3例)
小腸、結腸良性疾患 186例(75例)
直腸、肛門良性疾患 3例(1例)
胆道良性疾患(胆嚢結石、総胆管石など) 108例(92例)
その他悪性疾患 3例(1例)
その他良性疾患 115例(48例)

※( )内は鏡視下手術件数

学会発表

第56回腹部救急医学会総会 2020年3月12日~13日
名古屋国際会議場
高齢者のMorgagni孔ヘルニアに対し、腹腔鏡下に修復した1例
針金幸平、萩原英之、矢澤直樹、根本洋、宮前拓

第56回腹部救急医学会総会 2020年3月12日~13日
名古屋国際会議場
直腸異物による直腸穿孔性腹膜炎に対して腹腔鏡下高位前方切除術を施行した1例
豊田真寿、矢澤直樹、去川秀樹、森貴志、針金幸平、宮地孟、上島知子、根本洋、國友和善、小泉正樹、萩原英之、宮前拓

第57回腹部救急医学会総会 2021年3月11日~12日
Web開催
特発性上腸間膜静脈血栓症に対し、手術後に抗凝固療法を施行した一例
針金幸平、宮前拓、根本洋、矢澤直樹、去川秀樹、宮地孟、萩原英之

第82回日本臨床外科学会 2020年10月29日~31日
大阪国際会議場
大腸癌術後異時性孤立性脾転移に対する腹腔鏡下脾臓摘出術後、長期予後の得られた1例
宮前拓、矢澤直樹、去川秀樹、宮地孟、針金幸平、久保田友紀、根本洋

第92回日本胃癌学会総会 2020年3月5日
横浜市→コロナによりインターネット部分開催
左下横隔膜動脈により残胃が救済された幽門側胃切除および脾温存膵体尾部切除後の脾動脈瘤出血に対する脾動脈塞栓の1例
根本洋、矢沢直樹、豊田真寿、森貴志、去川秀樹、宮地孟、宮前拓、小泉正樹、吉田慶之

座長・司会・コメンテーター

司会 根本洋
2020年11月27日 第33回日本外科感染症学会総会一般口演2「胸部・食道1」座長
場所:コロナ感染によるインターネット開催

座長
矢澤直樹:一般演題:消化器疾患における緊急手術の現状. 第48回神奈川県消化器外科研究会,横浜:2019年6月
矢澤直樹:一般演題:膵臓:診断、予後予測3. 第74回日本消化器外科学会総会,東京:2019年7月
矢澤直樹:一般演題:膵臓:膵切除・周術期管理3. 第75回日本消化器外科学会総会,和歌山:2020年12月

論文

臨床雑誌 外科(南江堂) vol.82 No3(201-300) 2020-3
正中弓状靱帯症候群に起因した後上膵十二指腸動脈瘤破裂後の後腹膜血腫による十二指腸狭窄の1例
宮前拓、根本洋、鎌田順道、萩原英之、吉田慶之

癌と化学療法 47(11):1583-7, 2020
原著:臨床的R1切除胃癌に対する術後S1、Docetaxel併用療法の長期成績
著者根本洋、田中邦哉
施設:1)昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科、2)海老名総合病院 外科

ページの先頭へ

ページの先頭へ