海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 呼吸器外科

診療科紹介 呼吸器外科

呼吸器外科

呼吸器外科の診療科紹介

海老名総合病院呼吸器外科では肺・縦隔・胸膜・胸壁などの胸部の外科疾患を担当しています。
低侵襲手術を積極的に取り入れ、原発性肺癌・気胸・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍に対する胸腔鏡手術を完全鏡視下で行っている国内でも数少ない施設となっております。

当院の胸腔鏡下手術は標準開胸の傷を徐々に小さくしていき2ヶ所への集約を試み、この方法を「二窓法(two-window method)」と命名いたしました。原発性肺癌のほとんどの症例にこの方法を用いて手術を行っております。また、3mmの胸腔鏡を導入し、背中は刺し傷のみで全ての手術を胸側から行う「one window & one puncture method」を自然気胸や転移性肺腫瘍、一部の原発性肺癌症例にも導入しより低侵襲な手術を目指しております。胸腔鏡手術により侵襲を大きく減じられるようになったため、入院日数は悪性腫瘍症例で1週間程度、若年の自然気胸では術後3日程度と短くなり早期の社会復帰が可能となりました。治療にともなう社会生活への負担も軽減されると考えております。

また、肺癌術後の再発防止を目的とした術後補助化学療法や、再発症例に対する化学療法についても積極的に取り組んでおり、日常生活を維持したまま外来通院で抗癌剤治療をお受けいただけます。症例に応じて入院での化学療法も交えるなどし、治療の継続性を維持しています。東海大学医学部付属病院と連携し放射線治療を含めた治療を選択することも可能です。

主な症状・対象疾患

肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、良性腫瘍など)、縦隔腫瘍、嚢胞性肺疾患(気胸、肺気腫)、胸膜中皮腫、手掌多汗症、漏斗胸、先天性肺疾患、外傷

呼吸器外科の外来担当医表

外来担当医表(PDF)

呼吸器外科のスタッフ紹介

有賀 直広 (あるが なおひろ) 医員
大学 東海大学医学部卒業(2008年卒)
資格 日本外科学会専門医
緩和ケア研修修了医
専門分野 原発性肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、気胸
岩﨑 正之 (いわさき まさゆき) 非常勤医師(手術協力医師)
役職 東海大学医学部 外科学系 呼吸器外科学 教授
資格 日本外科学会指導医・専門医
日本呼吸器外科学会指導医・専門医
日本胸部外科学会指導医
日本呼吸器学会指導医
その他 多数あり

呼吸器外科の臨床活動実績

手術件数

分類 2013年 2014年 2015年
良性肺腫瘍手術 4件 0件 1件
原発性悪性肺腫瘍手術 22件 21件 25件
転移性肺腫瘍手術 6件 4件 5件
気管腫瘍手術 0件 1件 0件
胸壁腫瘍手術 0件 1件 1件
縦隔腫瘍手術 0件 2件 1件
非腫瘍性良性疾患手術(※) 34件 30件 32件
その他手術 6件 3件 3件
合計 72件 62件 68件
(※)非腫瘍性良性疾患手術の内訳
2013年 2014年 2015年
膿胸 4件 3件 1件
嚢胞性肺疾患 2件 0件 1件
気胸 28件 26件 29件
その他 0件 1件 1件

ページの先頭へ

ページの先頭へ