海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 医療技術部門紹介
  3. 病理診断室

医療技術部門紹介 病理診断室

病理診断室

病理診断室の部門紹介

病理診断室は、病理医の指導のもと 臨床検査技師 常勤 7名 非常勤 2名のチーム一丸となって、病理診断業務に携わって検査しています。
私たち臨床検査技師として、「患者さんに良質な医療提供を行う事」とは、病理診断において、的確かつ正確な標本を迅速に作製し病理医に届けることであります。
その為にも、「検体と依頼書を通じて患者さんをみる」という理念を持って検査を行っています。
また、技術向上と知識獲得のため、部署内での勉強会実施や院内発表、そして院外での勉強会参加や学会での発表も行っています。

病理診断室の業務内容

組織検査

HE標本作製、免疫組織化学による特殊染色(ICHとISH)、色素法による特殊染色、迅速組織標本作製

細胞診検査

Pap標本作製、その他組織検査に順ずる特殊染色、スクリーング、報告書発行

病理解剖

解剖補助/標本作製

病理診断室の検査件数

組織検査、細胞診検査、迅速組織診断、解剖などの検査を、ローテーションを組んで取り組んでいます。

年度別業績(過去五年間)

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
組織診断 7,413件 7,736件 7,613件 7,832件 7,217件
細胞診断 8,134件 8,652件 8,257件 8,000件 9,034件
迅速診断 108件 122件 111件 104件 113件
病理解剖 13件 15件 14件 13件 21件
免疫染色 341件 560件 658件 711件 755件

病理診断室のスタッフ紹介

常勤 非常勤
病理医(病理診断科部長) 1名 2名※
臨床検査技師 7名 2名
内 細胞検査士 3名 1名
内 2級臨床検査士(病理学) 4名 2名

※他、東海大学医学部付属病院より派遣

病理診断室の組織検査

内視鏡や手術によって摘出された臓器(以下:組織)が検体となります。

組織検体(ホルマリン固定)より、スライドガラス標本作製

組織検体はホルマリン固定後、切り出し→包埋→簿切→染色(HE染色)といった工程を経てプレパラート標本を作製し病理医より診断されます。
固定を標本作製に時間を要するため、摘出から診断・報告までに3日〜7日(遅い場合10日程度)かかります。

  • 包埋-1
    包埋装置
  • 包埋-2
    包埋
  • 薄切-1
    薄切
  • 薄切-2
    薄切
  • 貼り付け
    貼り付け
  • 未染色スライドガラス
    未染色スライドガラス
  • 染色装置
    染色装置

特殊染色

病理診断では、基本とするHE染色以外に必要に応じて様々な特性を持った染色を行うことがあります。
院内で行っている特殊染色は、色素法、26種類。免疫組織化学染色は、80種類(内 ISHは3種類)、行っています。(2016年12月現在)
これらの特殊染色により、治療薬の選択や治療方針の指標になることがあります。

  • 染色エリア
    染色エリア
  • 特殊染色
    特殊染色
  • ベンタナ
    免疫染色
  • HE染色
    HE染色
  • PAS染色
    PAS染色

術中迅速組織診断のための標本作製

クリオスタット
凍結切片作整

手術の切除範囲の決定等で行う手術中の病理診断は、組織を凍結(-25℃)し専用の機械(クリオスタット)にて薄切後、染色し標本を作製します。
通常のホルマリン固定とは違い、標本作製から病理医の診断・報告までが約30分以内に速やかに行われます。

病理診断室の細胞診検査

細胞診検査は組織検査とは違い、比較的患者さんに対して侵襲の少ない検査です。
喀痰や尿、婦人科スメア標本などが、細胞診検体の対象となります。
また、組織検査と比べ固定時間が短いことから、採取から結果報告は、2日〜5日程度で行っています。

細胞診検体処理場
細胞診検体処理場

細胞診検体から標本作製

検体より、スライドガラス標本を作製します。
検体によっては、外来に出向き臨床医と共に検体採取の介助や標本作製を行います。

  • パパニコロウ染色
    パパニコロウ染色
  • グロコット染色
    グロコット染色

スクリーニングから結果報告

細胞検査士が全検体のスクリーニングを行い、病理医の指導のもと、ディスカッションを行い結果報告書を発行しています。

  • スクリーニング
    スクリーニング
  • ディスカッション風景
    ディスカッション風景

病理診断室の病理解剖

遺族承諾を得た臨床医の依頼により、死因の解明と治療の評価のため病理医と共に解剖に入り、介助を行っています。
また、組織検査と同様に標本を作製し病理医より診断されます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ