海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 心臓血管センター
  4. 心臓血管外科

診療科紹介 心臓血管外科

心臓血管外科

心臓血管外科の診療科紹介

当院では8名の循環器内科医と4名の心臓血管外科医がひとつのチームとなり『心臓血管センター』を構成しています。 近年、循環器疾患における内科治療と外科治療の境目が判然としなくなってきております。 大切なのは“より安全で高い効果が得られる治療を確実に行う”ということではないかと考えます。 一人ひとりの患者さんに対して経験豊かな循環器内科医と心臓血管外科医がチームを組んでオーダーメイドの治療を行います。 安心して治療を受けていただき、最大限の社会復帰が果たせますようにお手伝いさせていただきます。 仁愛の精神をもとに、より安全で確実な循環器治療の提供を目指していきます。

主な症状・対象疾患

  • 患者負担の少ない低侵襲心臓血管手術
  • 人工心肺を使用しない冠動脈バイパス手術
  • 自己弁温存手術(弁形成手術)
  • 緊急心臓血管手術(急性大動脈解離,急性心筋梗塞の合併症等)
  • 心原性脳梗塞に対する心臓手術
  • 不整脈手術(心房細動に対するメイズ手術、ペースメーカー・除細動器植込術等)
  • 重症心不全や肺塞栓症に対する外科的治療

当院は次の施設認定を受けています。

  • 厚生労働省指定臨床研修病院(従病院)
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構基幹施設病院
    三学会→日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会・日本血管外科学会

心臓血管外科の外来担当医表

外来担当医表(PDF)

心臓血管外科のスタッフ紹介

小原 邦義 (おはら くによし) 顧問 (略歴紹介)
大学 前北里大学医学部 心臓血管外科学教授
日本大学医学部卒業(1969年卒)
資格 医学博士
心臓血管外科専門医
日本胸部外科学会 認定医・指導医
日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本循環器学会 専門医
日本心臓血管外科学会 国際会員
日本胸部外科学会 特別会員
米国胸部外科医学会(STS)国際会員
欧州心臓胸部外科学会(EACTS)国際会員
心臓血管外科専門医認定機構修練指導者
北里大学心臓血管外科客員教授
専門分野 冠動脈疾患、心臓弁膜症の外科治療、心臓血管外科一般
贄 正基 (にえ まさき) 心臓血管センター センター長、部長
大学 北里大学医学部卒業(1988年卒)
資格 医学博士
心臓血管外科専門医
日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本心臓血管外科学会 国際会員
心臓血管外科専門医認定機構修練指導者
北里大学客員教授
抱負 心臓、血管の手術は最近ではずいぶん安全になってまいりましたが、危険が伴うことも事実です。患者さんに安全に手術を受けていただき、最大限の社会復帰が果たせますよう最善の医療を提供したいと考えます。
中島 光貴 (なかしま こうき) 医長
大学 北里大学医学部卒業(1998年卒)
資格 心臓血管外科専門医
日本外科学会 専門医
日本循環器学会 専門医
植え込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRTD)研修修了
松永 慶廉 (まつなが よしきよ) 医員
大学 北里大学医学部卒業(2012年卒)

心臓血管外科の臨床活動実績

手術症例の年次推移

心臓血管外科の手術症例の年次推移

手術症例内容(2015年):総計364症例

心臓血管外科の2015年手術症例内容

開心術及びそれに準じる手術内容(2015年)

虚血性心疾患 心拍動下冠動脈バイパス手術 24例
弁膜症疾患 大動脈弁置換術
大動脈弁置換術+冠動脈バイパス手術
14例
5例
僧帽弁形成術
僧帽弁形成術+冠動脈バイパス手術
16例(7例は弁置換)
1例
大動脈弁置換術+僧帽弁形成術 1例(僧帽弁は形成術)
僧帽弁形成術+三尖弁形成術 2例(共に僧帽弁形成術)
肺動脈血栓除去手術 2例(共に緊急手術)
大動脈疾患 大動脈解離(人工血管置換術) 20例(4例が慢性解離)
胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術 15例
全弓部置換+OSG1例
部分弓部置換+AVR1例
上行置換+AVR2例
Bentall変法1例
胸腹部大動脈瘤2例
破裂1例
腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術 32例(3例は破裂症例)

その他の手術(2015年)

末梢血管手術 閉塞性動脈硬化症 3例
大腿動脈仮性動脈瘤 2例
末梢血管血栓閉塞 6例(急性閉塞症例 2例)
透析用シャント、表在化 82例
ペースメーカー植えこみ手術 108例
ICD5例
CRTD1例(左開胸下LVリード縫着)
その他の手術 19例
心膜開窓術3例
PM感染に対するシステム抜去術4例
止血再開胸術3例(緊急2例)など

学会発表

  • 榊 健司朗、中島 光貴、小原 邦義、贄 正基、宮地 鑑
    冠動脈起始異常により緊急バイパス手術を要したものの限局性大動脈解離であった1 例
    第171回日本胸部外科学会関東甲信越地方会2016年、東京
    (日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集171回Page11)
  • 中島 光貴、榊 健司朗、小原 邦義、贄 正基、宮地 鑑
    頚動脈分岐異常、右側大動脈弓に合併した弓部大動脈瘤に対し全弓部人工血管置換術+ステントグラフト内挿術を施行した症例
    第172回日本胸部外科学会関東甲信越地方会.2016年、東京
    (日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集172回Page10)

論文発表

  • Koyama S, Kitamura T, Itatani K, Yamamoto T, Miyazaki S, Oka N, Nakashima K, Horai T, Ono M, Miyaji K
    Impact of top end anastomosis design on patency and flow stability in coronary
    artery bypass grafting.Heart Vessels. 2016 May;31(5):643-8.
  • Nakashima K, Hanayama N, Kitamura T, Sakaki K, Nie M, Miyaji K
    Perioperative Multiple Pulmonary Embolism in a Patient with Giant Right Atrial Myxoma:
    Report of a Case. Kyobu Geka. 2016 Feb;69(2):152-5.
  • Sakaki K, Nie M, Sasahara A, Nakashima K, Ohara K, Miyaji K
    Emergency Surgery for Acute Pulmonary Embolism.
    Kyobu Geka. 2016 Feb;69(3):197-200.

ページの先頭へ

ページの先頭へ