海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 診療科紹介
  3. 放射線科・IVR科

診療科紹介 放射線科・IVR科

放射線科・IVR科

放射線科・IVR科の診療科紹介

放射線科・IVR科の診療は主に画像診断とIVR( Interventional Radiology =画像下治療)です。
画像診断は、各科の医師からの依頼を受けて、様々な検査機器を用いて全身のあらゆる部位を画像化し、その画像をもとに行われる総合的な診療です。
放射線科・IVR科は放射線技術科・臨床検査科エコー室と共同して、CT・MRI・超音波・各種造影(上部消化管、下部消化管、血管造影など)・単純写真・マンモグラフィー等の画像診断を必要かつ適切に実施し、診断に適するように画像を管理し、そして画像診断を行います。診断結果は読影レポートにて臨床各科に報告し、主治医の診断に役立てられます。また、画像診断を死因究明等に役立てる Ai(死亡時画像診断)も行っております。
放射線科・IVR科はコンピューター及びネットワークの性能向上による医用画像検査機器の急速な発展の恩恵を受けることが大きく、現代の先端医療水準を支える重責を担っています。また放射線科・IVR科医師は患者さんと直接お会いすることは少ないのですが、画像診断を通じて診療各科や多くのスタッフ、近隣の医療機関を結ぶ横断的な診療科として皆様のお役に立てるよう心がけております。

IVRとは各種の画像診断機器を利用して行う治療手技のことです。カテーテルという細い管や針を血管や臓器に挿入・操作することにより、病気をピンポイントで治療することができますので、一般的な手術と比べると体への負担は少なく、局所麻酔で治療でき、体の傷口も針孔程度のものが殆どです。
私たちは各診療科と協力して手技を施行しており、患者さんはそれぞれの疾患に応じた科を受診し、各科の医師の判断や放射線科・IVR科医師との相談の上、治療を受けていただております。放射線科・IVR科医師は患者さんにとって最も適切な医療を受けていただけるよう努めております。

当科で施行可能な主なIVR診療

肝腫瘍に対する肝動脈化学塞栓療法(TAE、TACE)  [消化器内科、外科]
肝腫瘍に対する動注化学療法 [消化器内科、外科]
骨盤内悪性腫瘍に対する動注化学療法、バルーン閉塞下動注化学療法(BOAI) [婦人科、泌尿器科]
子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE) [婦人科]
産後弛緩出血に対する緊急子宮動脈塞栓術 [産科]
多発性嚢胞腎に対する腎動脈塞栓術 [泌尿器科]
脾機能亢進症に対する部分的脾動脈塞栓術(PSE) [血液内科、消化器内科]
胃静脈瘤に対するバルーンを用いた塞栓術(B-RTO) [消化器内科]
消化管出血に対する動脈塞栓術 [消化器内科、救急科]
内臓動脈瘤に対する塞栓術 [消化器内科、泌尿器科]

経皮的シャント拡張術・血栓除去術 (シャントPTA、VAIVT) [腎臓内科]
経皮的腎動脈形成術(PTRA) [腎臓内科]
急性動脈閉塞に対する血栓溶解療法 [救急科] 
閉塞性動脈硬化症に対する経皮的血管拡張術 #
下大静脈フィルター留置術 # 
外傷性出血に対する緊急塞栓術 [救急科、外科、整形外科、泌尿器科など]
喀血に対する気管支動脈塞栓術(BAE) [呼吸器内科]
血管内異物除去術 [様々な科]

CTガイド下(もしくは超音波ガイド下)経皮的膿瘍ドレナージ術 [総合診療科、整形外科など]
CTガイド下(もしくは超音波ガイド下)経皮的生検 [呼吸器内科、血液内科、総合診療科など]
副腎静脈サンプリング [糖尿病科、総合診療科] 

( )内:略称
[ ]内診療科 :当院の窓口となる主な診療科
# :現在当院では循環器科において施行

他の手技も施行可能な場合があり、ご相談を受けております

放射線科・IVR科のスタッフ紹介

小野 由子 (おの ゆうこ) 顧問
大学 東京女子医科大学卒業(1973年卒)
資格等 日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医
厚生労働省臨床修練専門医
日本医師会認定産業医
※東京女子医科大学 名誉教授・監事
※東邦大学 脳神経外科学非常勤講師
※戸田中央病院 脳神経外科顧問
内山 史生 (うちやま ふみお) 部長代理
大学 日本医科大学卒業(1996年卒)
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定読影医
奥本 忠之 (おくもと ただゆき) 医長
大学 東北大学大学院卒業(1997年卒)
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定読影医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医
吉田 慶之 (よしだ よしゆき) 医長
大学 旭川医科大学卒業(1999年卒)
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会IVR専門医
日本核医学会PET核医学認定医
佐藤 吉隆 (さとう よしたか) 医員
大学 富山大学卒業(2010年卒)
資格 日本医学放射線学会放射線専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定読影医

放射線科・IVR科の臨床活動実績

主な検査件数(2010年度)

項目 件数 月平均
CT 13,555件 1,130件
MRI 3,985件 332件
エコー 11,872件 989件
血管造影 141件 12件
造影検査 1,308件 109件
マンモグラフィー 1,882件 157件

放射線科・IVR科のメッセージ・今後の展望

画像診断は現在の診断学の中でも重要な部分を占めています。迅速かつ適確な診断が下せるよう臨床各科に情報を提供していきたいと考えています。またIVRは患者さんにとって低侵襲な治療法です。疾患・治療法を詳細に検討するのであればQOLを向上させる事が可能と思われます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ