海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 委員会活動
  3. 感染管理

委員会活動 感染管理

感染管理

感染管理トップ

諮問委員会 感染対策委員会(ICC)

実動部隊 感染対策チーム(ICT)

感染対策マネージャー会(ICM)

当院の感染管理活動

当院の感染対策は、感染対策委員会(ICC)、感染対策チーム(ICT)、感染対策マネージャー委員会(ICM委員会)、この3つの委員会の協力のもと、医療安全委員会や安全衛生委員会などの関連委員会と連携しながら、病院全体で次のような医療関連感染対策を行っています。

  1. 医療関連感染の予防および低減
  2. 病院感染管理組織の整備と充実
  3. アウトブレイク発生時の対応(原因の特定、制圧、終息)

病院感染管理の組織図

病院感染管理の組織図

感染予防の為の取組紹介

ICT・ICMラウンド

感染対策チームのメンバーが中心となり、定期的に病院内の感染対策チェックラウンドを、部署の感染対策マネージャーが中心となり、部署内の感染対策チェックを行っています。

感染対策チェック1

感染対策チェック2

感染対策チェック3

感染対策チェック4

感染症の流行状況確認と病院感染予防対応

インフルエンザなどの感染症の流行状況を確認しながら、入院患者さんに感染が広がらないように対応(職員のマスク着用と手指消毒の強化、面会制限など)を行っています。

手洗い・手指消毒の実施推進

手洗いイメージ

免疫機能が低下している患者さんなどに、感染の原因となる細菌やウイルスを運ばないように、「一行為一手洗い(手指消毒を含む)」の実施推進、病院全体で取り組む「手洗い強化月間」の実施、手袋着用の推進、職員の手指衛生遵守率の目安となる手指衛生サーベイランス(一患者あたりの一日の手指衛生実施回数調査)のデータ報告などによる職員啓発活動を行っています。

ターゲットサーベイランスの実施

病院感染発生状況の確認、感染防止対策の徹底・改善を目的に、血管カテーテルに関連した血流感染や人工呼吸器関連肺炎、手術部位感染などについて、感染率や発生状況の調査と関連部署への報告、感染防止対策徹底・改善検討などに取り組んでいます。

感染対策や関連する物品などの見直しや導入

感染予防のために使用する使い捨てエプロンやガウンの導入、細菌汚染しにくい点滴セットへの変更など、感染予防の視点で関連する物品の見直しや導入に取り組んでいます。
導入例:ベッド周囲などの拭き掃除をするための使い捨て清掃用クロスを導入

職業感染防止対策の実施

関連する安全衛生委員会と協力して、職員のワクチン接種推進や針刺し防止対策などに取り組んでいます。

感染予防教育研修一覧

手洗いイメージ

海老名総合病院感染対策委員会・感染対策チームでは、海老名総合病院の職員をはじめ、関連施設(メディカルプラザ・メディカルサポートセンター・アゼリア・共立湊病院等)職員を対象に、感染予防教育研修の企画・運営を行っています。
以下に2012年度の感染予防教育を紹介します。

2012年度
開催日 対象 研修内容 参加人数
4/5 看護部・診療部 新入職者オリエンテーション
(標準予防策と針刺し切創予防策)
95名
6/4 全職員 結核の基礎知識 125名
6/28、7/17、9/5、
10/4、10/5
看護部 5東病棟 標準予防策と針刺し切創予防策 計23名
7/9、8/16 看護部 手術室 標準予防策とワクチン 計22名
8/1 看護部 HCU・ 新館3階病棟 標準予防策と針刺し切創予防策 17名
9/25 全職員 感染対策セミナー
手指衛生〜感染対策におけるコスト再配分〜
147名
10/16、10/18 看護部 5西病棟 標準予防策と耐性菌検出時の予防策 計18名
10/26、10/28 看護部 外来 標準予防策  (嘔吐物・下痢便処理方法の実習) 計34名
11/2 看護部 3東病棟 標準予防策と耐性菌検出時の予防策 25名
11/19 全職員 耐性菌使用の基礎と耐性菌の治療 101名
12/19 看護部 4東病棟 標準予防策とノロウイルス胃腸炎・
インフルエンザの感染予防策
18名
1/25 看護部 新館2階病棟 標準予防策とノロウイルス胃腸炎・
インフルエンザの感染予防策
24名
1/28、3/25 看護部 4西病棟 標準予防策と耐性菌検出時・ノロウイルス胃腸炎・
インフルエンザの感染予防策
計22名

研修イメージ

患者さん、ご家族、面会される方々へのお願い

感染症の原因である細菌やウイルスは目に見えません。しかし、私たち人間はいろいろな細菌類と共存(身体に必要な細菌もたくさんいます)しており、私たちの身体自体を「無菌」にすることは不可能です。つまり、誰しもが「自分の手」などを介して、細菌やウイルスの運搬者になる可能性があるのです。また感染症には、発熱や咳などの症状が現れる前から、人にうつす細菌やウイルスを排出してしまう期間があるため、日頃からの注意が大切になります。
感染予防の取り組みは、私たち医療者だけの努力では達成できるものではありません。患者さんの感染予防のため、ぜひ以下のことにご協力をお願いいたします。

面会時の注意

  • 病院感染予防のため、発熱・咳・くしゃみなどの風邪症状のある方、下痢・はき気・嘔吐などの胃腸炎症状のある方など、感染症の可能性がある方は、面会をご遠慮ください。 職場や学校などで、インフルエンザや麻疹などの感染症が流行している場合も同様に面会をご遠慮ください。
  • ICU、HCU、無菌室には、花(新鮮花もドライフラワーも)や装飾用植物は持ち込まないようお願いします。

来院時の注意

発熱・咳・くしゃみなどの風邪症状のある方が受診などで来院される際には、必ずマスクを着用してください。周りの方への感染を予防するため、「咳エチケット」の実施にご協力をお願いいたします。

※ 咳エチケット

インフルエンザなど、すべての呼吸器感染症の感染拡大を防止するために、「咳エチケット」を守りましょう。咳で1.5m、くしゃみで3m、ウイルスを含むしぶきは飛び散ります。

「咳エチケット」とは?
  • 口と鼻をおおうため、また鼻水や痰を出すために使ったティッシュなどは、ゴミ箱に捨て、他の人が触らないようにします。
  • ティッシュなどがないときに、咳やくしゃみをする際には、手ではなく、周囲に触れにくい腕や肘などで鼻と口を押さえます。
  • つばや鼻水などが手についたら、石鹸と流水で手を洗い、丁寧に洗い流しましょう。

入院中の注意

  • トイレを始めとした共有設備の使用後や飲食前には、石鹸と流水での手洗い、または手洗い後アルコール製剤による手指消毒を行ってください。
  • 自動活栓以外の水道の蛇口は、洗った手で触れず、肘やペーパータオルなどで閉めましょう。
  • トイレなど共有設備をご利用の際に汚してしまったり、使用前に汚れていたりした場合には、職員にお申し出下さい。清掃いたします。
  • 洗濯物や荷物は床の上に直接置かないようにしてください。

諮問委員会 感染対策委員会(ICC)

実動部隊 感染対策チーム(ICT)

感染対策マネージャー会(ICM)

ページの先頭へ

委員会活動に関連する情報

ページの先頭へ