海老名総合病院

  1. 海老名総合病院 トップページ
  2. 医療技術部門紹介
  3. リハビリテーション科
  4. 理学療法

医療技術部門紹介 リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科の理学療法

海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法

理学療法とは

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。
ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、 および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、 自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。(理学療法士協会HPより)

  • 海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法
  • 海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法

当院の理学療法

海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法 運動器チーム

主に運動器、脳血管・内科、心臓リハビリテーションの3チームより構成され、各チームごとに専門性の高い理学療法の提供を行っています。

入院後、「骨折等のための手術後」や「脳卒中により麻痺を発症後」や「心臓の手術後」などで安静を要し、ベッド上生活が続くと体力の低下が進みます。 そのままでいると、座る・立つ・歩くといった基本的な動作が困難となることがあります。

そこで、理学療法士は早期から離床(ベッド上から離れ身体を起こして立つ、歩くといった運動をすること)をすすめ、体力の低下を予防します。

また、患者さんの身体を評価し、改善点を検討します。身体機能を良好な状態に調整し、歩き方や動き方の質の向上を考えます。必要時、義肢装具士と連携をとり、患者さんにあった装具等の検討を行っています。

急性期病院は、退院までの日数が短く、退院時の調整が重要となります。自宅退院の際はご家族、ケアマネージャー等と連携をとりながら、患者さん1人1人の生活を考え理学療法を提供しています。

また、積極的に学会発表を行い日々の臨床を振り返り、各人が自己研鑽を行っています。

  • 海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法 脳血管内科
  • 海老名総合病院リハビリテーション科 理学療法 心臓リハビリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ